ご予約はこちら

お知らせ

【高木中央店期間限定】痛風鍋解禁 |ろ組

更新日:

痛風鍋を解禁します

いつもご利用いただき、ありがとうございます。

この度、ろ組高木中央店限定で「痛風鍋」を解禁します。

あん肝、牡蠣、白子(たら)、白子(ふぐ)が入った贅沢な鍋になっています。

食べ過ぎてはいけないとわかっていても、食べたことのある人にとっては魅力的なおいしさに、ついお酒と一緒に注文してしまうという、誘惑たっぷりのお鍋です。

一鍋6,000円となっており、2〜5名で分けれるほどの量となっております。

※白子が新鮮なこの時期だけのメニューとなっております。

痛風鍋とは

痛風鍋には、痛風の原因となる尿酸を生成するプリン体を多く含む白子やあん肝、カキなどがたっぷり入っています。痛風の方はもちろん、症状に思い当たる節のある方には控えていただきた鍋になっています。

ちなみに成人男性が1日に摂取するプリン体量を軽く超える内容が、痛風鍋には含まれているいます。

プリン体とはなんのこと?

さて、痛風鍋を詳しくご説明する前に、プリン体のことをご紹介します。

よくビールなどで耳にするプリン体ですが、これは穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれる成分のことで、主に旨みの成分にあたります。

旨みがたくさん入っているからこそ、痛風になりやすいそんな鍋になっています。

痛風鍋のプリン体の量は?

ろ組の痛風鍋には

  • あん肝
  • 牡蠣
  • 白子(たら)
  • 白子(ふぐ)

の四種類が入っています。

それぞれのプリン体は

食品名 食品中プリン体含量(mg/100g)
あん肝(生) 104.3
牡蠣 184.5
白子(たら) 559.8
白子(ふぐ) 375.4

となっています。

食中プリン体含量及塩基別含有率の比較

 

一般な1日の目安は400mgですので、この痛風鍋はその約3倍プリン体がとれてしまうことになります。

健康な方や、痛風鍋の美味しさを我慢できない方へおすすめです!

白子が新鮮なこの時期だけの販売ですので、ぜひ、ろ組高木中央店へご予約ください。

 

 

-お知らせ

Copyright© ろ組 , 2020 All Rights Reserved.